5/21(日)麻婆豆腐(辛)ネギ兄弟スケート初体験添え(時短簡単料理レシピ)

本日の時短簡単料理レシピは麻婆豆腐(辛)でございます

所要目安時間は、前日5分、当日15分です

ご訪問ありがとうございますはじめましてカモコと申しますネギ男5歳ネギ助2歳の母で5年ぶりに今年4月復職致しました。子どものそばに出来るだけいられるように妊活前に転職、その後育児休暇を2回連続で取り、現在は短時間勤務を選択し、山のような残務を持ち帰りながら、日仕事と育児の両立に悪戦苦闘しております。安全で安心なものを子どもにはきちんと食べさせてあげたい!でも時間が無い!というママや忙しい方に、忙しい日でも手作りできる、段取りを考えた前日30分以内(副菜作り入れても1時間以内)、帰宅後20分以内に食べられる時短料理を参考までにと思い載せています。我が家の備忘録代わりにクスッと笑えてへーと思えるブログ目指して毎日更新予定です

カモコが大学生時代、料理スタジオでアシスタントのアルバイトをしていた際、中華の鉄人陳建一先生が教えていらっしゃった麻婆豆腐でーす

ただ先生は適量や1個、cmなどとされている部分も多く、このレシピはカモコ分量として計量しております。

麻婆豆腐と言えばコレ!だった我が家ですが、ネギ兄弟が産まれてからは辛味を抜いた料理ばかり

先日殿からあの麻婆豆腐食べたいなぁと言われた事から作りましたよー

(ネギ兄弟には辛味抜き野菜入りを作りました、こちらのレシピは後日)

麻婆豆腐(辛)

(2-3人前)

豚ひき肉:100g-125g前後

サラダ油:大1

タレ

甜麺醤:大1

豆板醤:大2

豆チ:小1

唐辛子(輪切り):小1

ニンニク(すりおろし):1片

鶏ガラスープ:200ml

紹興酒:大1

豆腐:1丁(300-350g)

仕上げタレ

醤油:大1

砂糖:小1

塩:小1/2

白ネギ:50g

水溶き片栗粉(水:大1片栗粉:大1)

今回この2倍を作っていまーす。

紹興酒を日本酒、豆チを豆チ醤などに変える事も可能ですが、全く別の麻婆豆腐になってしまいまーす

タレを合わせておく。

以前取っておいたササミのボイル後残り汁を解凍しておく。

白ネギをみじん切りにしておく。

仕上げタレと水溶き片栗粉を合わせておく。

ここまで前日用意可能!

フライパンでサラダ油を熱し、豚挽肉がポロポロになるまで炒める。

タレを入れて、よーく炒める。

肉と豆板醤などをしっかり炒める事で風味が増します!肉に味を染み込ませるイメージです

鶏ガラ出汁、紹興酒、豆腐を入れて、煮込む。

豆腐に火が通り再沸騰してから3分後くらいに

仕上げタレと白ネギを入れ混ぜ、火を止める。

片栗粉でトロミをつける際は

火を止め鍋の液体の温度を下げ、鍋の一部のスープを取り出し冷まし、

片栗粉1:水1を溶いた液に、温度が下がったスープを少しづつ入れ混ぜて乳化させ、

を鍋に戻し入れ混ぜる。

温めると、ドロっとしてくるので、しっかり沸騰させて火を止め出来上がり!

片栗粉の性質上、温度が高いと固まります。

ダマが出来てしまうのは、液体の温度が高いのが原因でーす。

この方法なら絶対失敗しませんよ

11:器に盛って出来上がり

本日の夕飯

主食:ごはん(白米)

主菜兼汁:麻婆豆腐(辛)

副菜1:もやしとほうれん草のナムル

副菜2:冷トマト

殿、大喜びで食べてくれました!未就学児子育て中でも、やっぱり辛いもの食べたい

因みにネギ兄弟には、辛味無し野菜入りの麻婆豆腐に致しました!

さてさて、

何を思ったか

ダンスするスケートでオリンピックに出たい

と、やった事もないアイススケートで更にダンスという難易度マックスな競技をチョイスし、オリンピックを目指したいというネギ男。

(そもそもなりたいものはお相撲さん)

ネギ男のオリンピックに出たい宣言の記事はコチラ()

親バカは思うわけですよ。

お告げ

日頃身体を動かすのがそれほど好きではないネギ男が自らやりたいと言った事に、母さん、いや家族一丸となって応援しようではないかと。

都内でスケートができるところは限られておりまして、単発でレッスンもしてくれるシチズンプラザ(高田馬場駅7分)の先生を予約。

シチズンプラザの詳細はコチラ()

明日、アイススケートをしに行こう!というと

ネギ男(5歳):えーやだー怖い

相変わらず初に対して慎重

ネギ助(2歳):行きたーい

アイススケートが何なのかわかっていないが返事は良い

最近あんなにヤダ怖いと言っていた泳ぐ事に、スパリゾートハワイアンズで自信を付けたネギ男を持ち上げまくり、

スパリゾートハワイアンズでガラピコぷに会ってきた記事はコチラ()

じゃぁやってみようかなー

いいぞいいぞ!その調子!という事で

先日の休日、ネギ兄弟を連れてスケートリンクに行って参りました。

行きたくないって泣かれなくて良かったー

30分のレッスン開始!

先ずはリンク外で、屈伸運動。

アイススケート未経験者カモコ、あんな刃だけでネギ兄弟がバランス取れているだけで感動

順調にレッスンは続き

おー歩けるように!

が、15分後、

ネギ助が産まれたての子鹿のようになりネギ助のみスケート終了。

ネギ男はマンツーマンで先生とリンクをまわることになったけれど、新喜劇並みに転ぶ回数が増えて来て怪しい雰囲気に

そして、もうすぐレッスン終わりの25分ごろ、

いたいー!

パパーーー

臀部を強打し、疲れも手伝って号泣のネギ男。

もうやだースケートやだー

後半ネギ助が離脱し、疲れてても辞めたいと言えなかったネギ男の感情が大爆発

でも上手に出来てたじゃん!ママビックリしたよーなどと持ち上げてもパパにガッツリしがみつき、お尻が痛い痛いとグズグズ。

そんな中、ネギ助は

楽しかったなー

また来たいなー

と相変わらず陽気な発言を繰り返す

お尻を触りながら歩くネギ男に、

ネギ男、どんなスポーツだって痛い事あるんだよー。サッカー選手だって他の選手と当たったり、野球だってボールにぶつかっちゃったり、お相撲さんだって転んだら痛いでしょー

と言ったら、少し冷静になり

そうか

更に

しかもネギ男あんなに上手に初めから歩けて凄いよーーママビックリだわー

と言ったら

僕ねー、何でも出来るの

う、うん

子どもの自己肯定感の育て方って、勘違い男の育て方と紙一重だな

育児って難しい

ポチっと押していただけると励みになります!

にほんブログ村